ご挨拶

 染色体や遺伝子の解析技術は、近年猛烈な勢いで進歩しています。しかし、どんな技術でも、進歩すればするほど一般の人々には理解し難くなり、遠い存在となってしまいます。NPO法人「染色体・遺伝コンシェルジュ」は、そのような高度の遺伝解析技術を、一般の人々の身近なものとできるよう設立されました。臨床医の先生方を対象とした遺伝学的検査の進め方に関する相談や先進的なデジタル染色体検査であるアレイCGH解析のお手伝い、最新情報・技術の提供を行うとともに、一般の方々を対象とした染色体や遺伝についての社会啓発活動、染色体に起因する疾患の患者さまのサポートなどを行うことによって、社会貢献を目指します。


アレイCGH解析では、単に結果をご返却するだけでなく、お忙しい臨床医の先生方のために専門的な立場から注釈を加え、FISH法による確定診断から患者様への説明方法までお手伝いします。

■ お知らせ

2012.1.11
当NPO事務局長の山本俊至が診断と治療社より「臨床遺伝に関わる人のためのマイクロアレイ染色体検査」を上梓致しました。マイクロアレイ染色体検査のノウ・ハウを余すところなく書き著しています。NPOに新規に入会いただけますと、もれなく1冊進呈致しております。⇒リンク集へ



ロゴについて;
NPO法人「染色体・遺伝コンシェルジュ」のロゴは東京女子医科大学小児科の塩田睦記医師に作成していただきました。